フォロー・リムーブ・ブロック等の履歴を確認

Twitterでブロックされた・した場合に起こる事

▼フォロー関係が存在する場合、フォロー関係が解除される

ブロックした場合・された場合共に、フォロー/フォロワー関係が解除されます。
フォローしている分にはフォローしている状態が解除され、フォローされている場合には相手からのフォローも解除状態になります。

▼対象アカウントのプロフィールページを表示出来ない

されている場合・している場合で少し違います。

■ブロックされた場合

ブロックされたTwitterアカウントでログイン時、対象アカウント(ブロックされたアカウント)のプロフィールページを開くと、以下のようなメッセージが表示され、プロフィールページ(ツイート一覧)を表示する事ができなくなります。
ブロックされているため@☓☓さんのフォローや@☓☓さんのツイートの表示はできません。詳細はこちら

ブロックされたアカウントでログインしている限り、対象アカウントのプロフィールページを開く事は出来ません。

◆ブロックされてる場合に表示されるメッセージのスクリーンショット

■ブロックした場合

ブロック済みのアカウントのプロフィールページを開こうとすると以下のような警告メッセージつきのクッションページが表示されます。
@☓☓さんをブロックしました このツイートを表示してもよろしいですか?これによって@☓☓さんのブロックが解除されることはありません。

ブロックされている場合と違い、「プロフィールを表示する」をクリックする事で対象アカウントのプロフィールページを開く事が出来ます。

◆ブロックしている場合に表示されるメッセージのスクリーンショット

▼検索しても対象アカウントのツイートが表示されない

ブロックしたアカウントでログインしている場合、公式クライアント(Webを含む)での検索時に対象アカウントのツイートが表示されません。

ただし、検索設定でブロック済みアカウントのツイートを表示するか否かを設定する事が出来るので、ブロック済みアカウントのツイートを検索結果に含める事も出来ます。
した場合・されている場合共に、対象からのリプライ・引用リツイートなどがが通知欄に表示されなくなります。

▼まとめ

Twitterのブロック機能は日々進化していますが、Twitterというサービス自体、非公開アカウントで無い限りは、対象をブロックしても、相手が「Twitterにログインしてない状態」「別アカウントでログインしている場合」「サードパーティのクライアントを利用している場合」などは普通にプロフィールページやツイート等がみられてしまう可能性がある事を意識した方が良いかもしれません。

ひすったーを使う事で、フォロー・フォロワー等の増減から相互フォロー状態からの被ブロックを推測する事が出来ます。
(履歴機能の「ブロックされた可能性」。)

スポンサーリンク